読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずはTOEIC900点突破!受験英語からの最短シフト

受験英語を経験した人がTOEIC900点を簡単にとるための方法

日本人の相づち

マインドセット

今日もスピーキングについてです。

 

 

みなさん、外国人の方と話していて、なんか伝わっているのか、分かりづらいなと感じたことはありませんか。

 

一般に日本人の聞き方は、相づちが多いので、関心があってもなくても、話を聞いてもらえているように感じます。
しかし、外国人の方は頻繁に相づちを打つ習慣がないので、関心を持ってもらえていないのかなと、日本人は不安になります。
 
そこで、会話を止めてしまうと、なぜ会話を止めてしまったのかと、相手は不思議に感じます。彼らはしっかり聞いているのです。
関心を示すと、相手に質問をして、それを表現します。
 
逆に、日本人の聞き手は相づちが多すぎることが多く、場合によって、相手の話を急かしているようなせっかちな印象を与えがちです。
 
スピーキングでは、少し相槌の数をコントロールし、落ち着いた聞き手の雰囲気を出しましょう。また、相手の相づちがなくても、会話を止めて、頻繁にわかる?わかる?と聞いたりしないようにしましょう。ある程度会話を続けてくれないと相手もコメントのしようがないときがあるでしょう。
 
こんど相づちに注目してみてください。