読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずはTOEIC900点突破!受験英語からの最短シフト

受験英語を経験した人がTOEIC900点を簡単にとるための方法

全文読みリーディング

今日はリーディングの心構えについて書きたいと思います。

 

 

リーディング高得点の秘訣は、迷いを断ち切ること。

この一点に限ると思います。

 

リーディングは時間のない中、自分でペース配分を決めなくてはいけません。

少しでも迷いが生じると、こんなことになりかねません。

 

やばい。時間切れになりそう。

→解答欄をとりあえず塗りつぶそう。

 

解答これであってるかな。もっと文章の後ろに書いてあったかな。

→設問の番号覚えておいて、あとで時間あったら引き返そう。

 

ただでさえ時間のないリーディングです。

こんなことに頭のメモリを浪費していたら、後半ヘトヘトになって頭の回転が悪くなってきます。

 そこで私が提案するのは、英文を全文まるごと読むことです。

 

私が購読しているキャリまが!さんもこうおっしゃっています。

記事全文を読みましたが、まったくもって賛成です。

ですが、今900点をターゲットにした勉強をしてみて、「飛ばし読み」で取れるのは800点までだったと実感しています。

「飛ばし読み」で取れるのは800点まで - TOEIC800点代から2ヶ月で900点超えを目指す!【残り58日】 - キャリまが!

 

また、後から知ったのですが、世の中には濱崎氏が考案した、part7のHUMMER式というものもあるそうですので、併せてご参考ください。

CD付 新TOEICテスト990点攻略 (新TOEICテストスコア別攻略シリーズ 5)

 

英文をまるごと読んでいくと、ある意味迷いがなくなります。

全文読んでいるので、他の読んでいないところに解答があるかも、とは思いません。

その都度ベスト(ベター)な解答を淡々と選んでいけます。

 

私は設問に全部答えた英文でさえ、最後まで読み切ります。

気分を切り替えて先に進めるからです。

 

これを実践するようになってからは、スコアがこのようになりました。

 

TOEIC リーディングスコア
  • 対策前 430点
  • 対策後 470点

 

ただこの方法を実践する前には、事前の練習で十分に時間内に全文読める読解スピードがあることは確認しておきましょう。

練習でできれば自信を持ってチャレンジすることをお勧めします。

 

CD付 新TOEICテスト990点攻略 (新TOEICテストスコア別攻略シリーズ 5)

CD付 新TOEICテスト990点攻略 (新TOEICテストスコア別攻略シリーズ 5)