読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずはTOEIC900点突破!受験英語からの最短シフト

受験英語を経験した人がTOEIC900点を簡単にとるための方法

900点の英語力(リーディング力)

TOEIC Reading マインドセット

世の中にTOEICで900点を超えた人の勉強法の本があふれています。

 

実際、900点を超えるときはどのくらいの英語力があるのでしょうか。

 

個人差はあると思いますが、ここでは私の900点当時の英語力を書きたいと思います。

 

  

リーディング

単語

TOEICを勉強する上で、単語は勉強しませんでした。

TOEIC 900点のあとすぐ、英検の準1級を受けたのですが、語彙力の問題がまったくわかりませんでした。

単語の勉強本を見ても半分もわからない状態でした。

私が最後に勉強したのは、高校の授業でのDUO 2.0でしたので、大学受験生の平均くらいではないでしょうか。

 

文法

文法もTOEIC対策で勉強しませんでした。

私は大学受験をしていないので、高校受験の文法知識くらいしかないと思います。

 

ただ、5文型や品詞など、基本的な文法用語はわかります。

ですので、TOEIC対策本の解説を読んだ時に、解説の言っていることはわかります。

 

読解力

ここでは読むスピードにだけ触れます。

TOEICのリーディング問題はスキャニングでなく、時間内に全文読むことができます。

Part7だけで言えば、50分くらいあれば、全文読むことができるくらいのスピードではないでしょうか。

 

仕事でも英語を読むことには、抵抗がないのですが、日本語訳があるものでは、必ず日本語を読みます。

英語だと、日本語訳の2〜3倍時間がかかるからです。

同じように、英語のペーパーバックも普段読みません(いや、読めません)。

必ず翻訳本を買います。

 

 

まとめると、リーディングは高校受験のときから大きな進歩はないですね、きっと。

 

ご参考まで。